瞬間風速-筆記帳

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬間風速-筆記帳

ココにしかないコンテンツ

広告

「書く」目的のために旅に出る

 
 
 
 

一応pro化したので

 

自分のコトも多少は書いとくか

 

一応正体の解らん
 
ミステリアスなキャラ押しでも
 
チラ見せぐらいはしないとなぁ…
 
 
 
 
とあるトコロでコピーライターなんぞをやっている
 
キボの大小などなど含め
 
そこはまだミステリアスなままにしとこう
 
 
 
 
ガッコは理系だったが
 
ある時コピーライター養成講座なる物を知り
 
通っていた
 
 
 
 
 
「自分はこんなトコに通う必要はない」
 
と2日で止めたらしいが
 
一応皆勤賞で学んでいた
 
それまで糸井重里もコピーライター自体も
 
知らない単語だったけど
 
モノを書くのは好きだったので
 
まあずっとやっている
 
 
 

 

 

 

糸井重里の万流コピー塾

糸井重里の万流コピー塾

 

 

 

 

 
 

 

 

 

お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ (PHP文庫)

お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ (PHP文庫)

 

 

 

 

 
 
 
 
流れで宣伝会議賞狙ってみっかになり
 
一筆書くことになる
 
 
 
 
 
何だろね
 
今となってはどー表せばいいのか解らんのだけど
 
一応登竜門的なOPENな賞で
 
実用的価値はよく解らん
 
まあ
 
腕試しな代物だ
 
 
 
 
 
 

旅する先に、佐渡ヶ島

 
 
 
 
書けん!
 
 
 
 
当時の基準が何だったのか忘れたが
 
書けん!モードに入っていた
 
事態を打開するために気分転換じゃー
 
ということで
 
にーがたへ
 
 
 
 
いや
 
なんとなく日本の
 
どっかの先端に行ってみたいなーとなり
 
東京から新潟だと上越新幹線一本だなーとなり
 
 
 
 
勢いで旅をする場合は電車がいい
 
 
 
 
宿も決めぬまま突撃進行
 
 
 
 
冬だったのでにーがたは寒かった
 
 
 
 
お、佐渡
 
 
 
 
気がつくと船に乗っていたので
 
新潟のコトはよく覚えていない
 
 
 
 
佐渡にて運命の出会いが…
 
 
 
 
なかった
 
 
 
 
 
 

 

 

 

棒を振る人生 (PHP新書)

棒を振る人生 (PHP新書)

 

 

 

 

 
 
 
 
シーズンはずれの佐渡の民宿には
 
脳主と老夫婦だけが客としていた
 
 
 
 
島では野良犬たちが遠吠え合戦をしていた
 
 
 
 
牧歌的、情緒的なる風景
 
などと美しい話ではあるが…
 
 
 
 
「うるせー、書けんだろうが」
 
 
 
 
結果
 
大賞にはならなかったが微妙な賞をgetした
 
まあ
 
そんなコトもありましたネって話
 
 
 
 
はてなでは
 
小説とかを書いている人も何人かいる様だし
 
プロット抱えて何処か遠くへ
 
書く目的のために旅に出る
 
たまには
 
そーいうのもいんじゃない?
 
な感じ
 
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする