瞬間風速-筆記帳

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬間風速-筆記帳

ココにしかないコンテンツ

広告

【考察】馬の処世術

コラム 歴史 考察


たくさんあるチャンネルを選んで見る仕様のスカパーは基本チャンネル別の有料放送なんだけど適当なタイミングで無料になってて自由に視聴出来る時がある

チャンネルの宣伝目的でそうしてるんだけど
金出して見たいとは思わないけど暇つぶしにな感じでなんとなく無料放送してたチャンネルの画面を見ていた




馬がいた




1頭600万円



競馬で引退して今はのんびり草食べてます〜
な牧歌的な馬の暮らしぶりがレポートされていた

どうも競馬関係の周辺情報チャンネルらしく
素人には解らない専門用語がフツーに出て来るレポートで
馬並みの理解力で画面に映る動く馬を眺めていた

馬の次は次の馬
馬の次は次の馬
馬の次は次の馬

専門チャンネルなので馬ばかり出陣して来る

馬のセリのレポートもやっていた

そのセリ場では高額の馬
という扱いで1頭600万円とか言っていた

高いのか安いのか解らんけどそーいう話だった

競馬で稼ぐ馬は何億も稼ぐらしい
とかの認識だったので原石としてはそんなもんかな〜だった

そんなおり
ふと思った

馬って競馬がなかったらどーなってたの?

王座陥落



馬が移動の道具としての玉座から転落して随分な時が過ぎた

憎っき自動車なるモノにその利用価値を奪われた馬たちの無念は想うにしのびない

かつて
合戦をしていたあの頃

人の数だけ馬も参戦し命を散らしていた

当然馬の価値も高くたくさんの馬たちが
次の合戦頑張るゾ
とヒヒ〜ンしてたはずだ

現代に溢れる自動車と同じくらいの数の馬たちが街を闊歩して…

いや
そこまでいないかも知れんがたくさんはいただろう

江戸の頃はよかった…

むさ苦しい野郎を乗せて合戦に出る必要もなくなり
鉄の馬という天敵も出現してなかった

馬は平穏を満喫していた

近代になり
人を乗っけて移動するという事業を自動車という青二才に奪われる事になる

馬は困っていた

家畜



家畜としての馬は
人を乗っける以外にも重いモノを引っ張るとかあった訳だけど
やはり鉄の馬の出現により無用になった

脳主は馬肉を食べた事がないんだけど
食用家畜としては牛や豚にかなわない

トップアスリートなサラブレッドほど食用には向かない様で
馬肉になれるのは脂肪多めの馬だけらしい

そりゃそうだ
人間様はアブラ好き
霜降りバンザイ

脂肪多めがいいなら馬より牛か豚

食用家畜の世界ではデブほど優秀

馬は後塵を配する事になった

競馬



僕は走るコトしか出来ないから…

馬が呟いたかどーか知らんが能力を写実的にあげればそういう事だろう

こと日本においては野生に帰る訳にもいかず
人間様のお役にたてる様なポジションで管理されている必要がある

ウィキによると競馬は平安時代からあったらしいので競馬という代物が市民権を得るプロセスは必要なかった

移動の道具以外の使い道が遥かいにしえの時代からあった訳だ

運搬事業は鉄の馬の出現により廃業を強いられた訳だけど
走行事業は開業出来るんだ!

よし
僕ガンバって走るよ

あの愛くるしい瞳を輝かせて馬は語るのだった

なんだとー‼︎



ガンバって走るのはいいんだけど競馬とは競争であり勝ち負けがつく

当然負ける馬も存在する

というか
9割は敗者でそれはその先どうなるか?

殺処分されるらしい

要するに遅い馬はこの世から抹消されるのだ…

人間には人間の理屈があり
遅い馬を囲っとくなんて餌代どーすんだよな訳で…

ガンバって走ったよ
一生懸命走ったよ

でも…




馬の耳に念仏というコトバがある

馬としては念仏は永遠に知らなくていいから
走るのが遅いと殺処分されてしまう事は早々に知りたいところだろう

とはいえ速く走るなんてのは先天的能力差が大きいだろうから
いかんともしがたいんだろうけど

競馬がなかったら…



以前農業用の家畜だけで150万頭いた馬は現在10万頭くらいになってるらしい

その10万頭の内6万頭は競馬用

走りたくないんだけど…

馬にソレを言う権利はない

働かざるモノ食うべからず

馬にとって働くとは日本で何本かの指に入るくらい速く走るコト




 (T_T) がーん




もし競馬がなかったら
僕は走らなくてもいいの?

いや
そうすると馬自体の存在価値が…




(T_T) がーん




人間やってて良かったぁ…


馬と人の江戸時代 (歴史文化ライブラリー)

馬と人の江戸時代 (歴史文化ライブラリー)


広告を非表示にする