瞬間風速-筆記帳

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬間風速-筆記帳

ココにしかないコンテンツ

広告

【びっくり】誤送されてしまった書面の中に、IDとパスワードがあったんだけど???



前回
既に開封されてる封筒を持って郵便局員がやって来て
「赤の他人のトコに誤送しちゃったゴメンチャイ」
な事があったレポートを書いた

誤送で赤の他人のトコに行ってたブツが
賃貸物件用の火災保険の契約内容が書かれてるブツだった事で

ブツを受け取ったはいいけど

郵便局員とサヨナラした後で保険会社に電話して確認する作業に追われるコトに

はじめに



「封筒が開封されてしまった後で再送されてウチに届いたので
はじめに何枚の書面を送られましたか?」
と聞いた

「3枚ですね」

3枚揃っていたので一安心
全ての書面がウチまで届いた事を確認出来た

抜き取られたり落として紛失したりした書面はない模様

内容確認



1枚目
保険がどういう場合に適応されるかの表記

これは契約時にひと通り読んで確認したコトの写し的なモノ

It`s OK



2枚目
解約兼保険料返金請求書

f:id:brain-owner:20161128183040j:image

賃貸物件用の火災保険なので「引っ越す場合は送ってね」的なヤツ

これはないと大変だっただろうから紛失せずに入手出来てよかったよかった

It`s OK



3枚目
ちょいと問題の書面
到来

OK?

個人情報



契約者名だれそれ
住所どこそこ
電話番号117

不動産屋にて火災保険の契約用紙に記入したまんまのデータが3枚目の書面に記載されていた

代金は現金で支払ったのでカードの番号の記載とかはない仕様になっていて良かった

当然
まさかこの個人情報が封筒に入って誤送されるとは思ってなかったので
いやはや何とも

この個人情報記載書面にこんな記述が

f:id:brain-owner:20161128183121j:image
f:id:brain-owner:20161128183149j:image

お客様ID ?
パスワード ?

What?



掛け捨ての保険ゆえに現金で支払って
な扱いのスタンスのはずが

いつの間にか
IDとパスワードが自動発行されてる?

自分でそんなモン作った記憶はない

どゆこと?


それが記載された書面を誤送された赤の他人に見られた?

どゆこと?

電話タイム



「このIDとかパスワードとかってのは?」

「あぁそれはホームページでお客様の情報を確認するためのモノですね」

この
はてなブログをやるにあたりIDとかパスワードは自分で考えて使用している

その他IDとかパスワードが必要なサービスを使う場合
個々に別々のモノを用意して使用している

そのくらいの気遣いはフツーにしている

今回自分で作ったモノではないIDが勝手に自動発行されていた

まぁいい
割と複雑なモノだったし自分で作っても提供されたモノでも大差ない

んが
それを赤の他人に見られた???

なりすましが可能って事???

あたふた



誤送されて赤の他人に見られたので
もしかしてもしかするとIDとパスワード書き置きされてるかも!

「このID使って例えば新たな保険に追加で加入したりする事は可能ですか???」

誤送された封筒を再送してくれた人なのでおそらく善良な市民が対応してくれたものと思われるけど…

なりすましの不安は潰しておきたかった

「保険の追加とかは出来ないですよ」

そなのね

何の為のID?
とか思ったけどまぁいいや

「もし何でしたら非表示に出来ますけど」


どうやらこのID使って出来る事はホームページで自分の契約状況を見る事しか出来ない様な

当然それは
元々誰もが見れる公開情報ではないのではある訳だけど
それを非表示に?

ID持ってる人しか行けないトコを非表示にする

今回の様に赤の他人にIDとパスワード見られた人以外
誰得?なシステムがあるとの事で非表示に

「じゃあ非表示にしてもらえます?」

これで契約者たる自分でも見れない仕様に

ネットは広大だわ

こんな世界もあるのね

まとめ



ワケ解らん展開に結構疲れた脳主なのであった

やっぱり保険の書面とかは書留で送ってくれ

「保険に入ろうかな」と思ったときにまず読む本

「保険に入ろうかな」と思ったときにまず読む本


広告を非表示にする