瞬間風速-筆記帳

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬間風速-筆記帳

ココにしかないコンテンツ

広告

【郵便局にて】正しいポストの使い方

 

 

郵便局に行くとポストがあった

 

 

 

二通の封筒

 

 

そこは結構大きめの郵便局で

 

外で健気につっ立っているポストとは別に

 

室内ポストが装備されていた

 

f:id:brain-owner:20170505163627j:image

 

なんとなく

 

ポストの受け口を覗いてみた

 

f:id:brain-owner:20170505163719j:image

 

f:id:brain-owner:20170505163759j:image

 

向こう側にはザル状の箱が置いてあり

 

一通の封筒が目にとまる

 

f:id:brain-owner:20170505164040j:image

 

f:id:brain-owner:20170505164112j:image

 

とある会社のプリントされた同じ社用封筒で

 

二通とも宛先も同じ会社宛てだった

 

それがなぜか

 

手紙・はがき用のポストと

 

その他の郵便用のポストに分けて投函されていた

 

「どゆこと?」

 

同型の封筒なんだから同じポストに入れれば?

 

まして同じ宛先だし

 

郵便局員に聞いてみた

 

 

なぜ別々のポストに投函されているのか?

 

事務屋じゃないので知らないだけで

 

投函のプロにはそれなりの流儀があるのか?

 

ゴミの分別じゃないが

 

そんな感じの暗黙のルールがあって

 

それゆえに別々のポストに投函されているのか?

 

意味深な封筒を巡って思考が突っ走る

 

解らないので

 

とりあえず郵便局員を呼んで来て聞いてみた

 

「同じ封筒なのになんでですかね?」

 

「え?あぁでもどうせ中で一旦集めて

 

後で仕分けするんで」

 

だったら

 

なんでポストが2種類あるんだ!

 

話のコシをバキっと折る回答に萎れた

 

「どっちのポストに突っ込んでもいいんだってさ!」

 

手紙・はがきとは?

 

 

前々から思っていたんだけど

 

手紙・はがきに封筒は含まれるのか?と

 

手紙の定義をウィキで調べると

 

手紙(てがみ)とは、特定の相手に対して情報を伝達するための文書のこと。信書(しんしょ)、書簡・書翰(しょかん)、書状(しょじょう)などとも呼ばれる。古くは消息(しょうそく、しょうそこ)、尺牘(せきとく)とも呼ばれた。
広義には封書(封筒に入れて送る書状)、はがき(封筒に入れずに送る書状)、特定の人に向けて回覧する紙片の全般を含むが、狭義には封書のみを指して用いることも多い[1]。英語では封書を意味する"letter"、あるいは郵便物を意味する"mail"をあてるのが一般的である。

 

とある

 

つまり

 

手紙とは文章が書かれた剥き出しの紙な訳だ

 

そのまま送る事などないのに

 

なぜポストには「封筒ではなく手紙」と書かれてる?

 

ポストに行くたびに

 

手紙・はがき用ポストと

 

その他の郵便用ポストとの間で

 

「封筒はどっちだぁ!」と迷ってしまう

 

百歩譲って手紙が封筒を含めているにしても

 

領収書とかを手紙と言うにはムリがある

 

手紙とは

 

「はじめて出会ったあの日から

 

君の事ばかりを考えてしまい

 

月が照らす夜もシトシト雨降る夜も

 

眠れない日々を送っています

 

好きだ〜

 

アイ・ラヴ・ユー!」

 

を示す単語のはず


手紙・はがき用ポストではなく

 

封筒・はがき用ポストの表記にしてくれ

 

そう強く強く願う脳主なのであった

 

 

 

短いフレーズで気持ちが伝わる モノの書き方サクッとノート

短いフレーズで気持ちが伝わる モノの書き方サクッとノート

 

 

 

手紙・はがきの書き方がすべて載ってる大事典―季節別書き出し&結びの文例集 手紙の目的別実例集

手紙・はがきの書き方がすべて載ってる大事典―季節別書き出し&結びの文例集 手紙の目的別実例集

 

 

 

 

広告を非表示にする